2009年12月14日

twitterなるもの

「twitter」なるものをちょっと前から?
結構前から??

はじめているんですけど…
http://twitter.com/tsubofumi
なかなかつぶやくのって難しいですねふらふら

周りの演劇をやってらっしゃる人を見ていると皆さん今度やるお仕事の話とかされてるんですが、つぼふみはきちんと決まりきらないと仕事については恐ろしくて話せない超絶なビビリなのですあせあせ(飛び散る汗)
それこそ放送日が決まるまで心配してます。
舞台もチラシが出来て名前を確認してはじめて安心します。

こないだマネージャー氏に確認しまくって「だから安心してって言ったじゃんexclamation」となかば笑われました。

どうすればビビリは治るんでしょうexclamation&question

イベントとかアフタートークで話すのであんまりビビリと思われてないですが、舞台袖で走ってますダッシュ(走り出すさま)
舞台監督のササウラ氏はもう慣れてるので生ぬるくそれを見てます目

ラジオのディレクター氏に言われたのですが
なんでも成功させようと気負いすぎるから緊張するらしいexclamation×2

twitterでもブログでも多分それで何書いて良いかわからなくなってるんではないかexclamation&question
自分の意見っていうのを外に発表するってやっぱ怖い。
脚本だと他の登場人物が喋ってるから平気だけどw

話し変わりますが、丹羽多聞アンドリウプロデューサーとはじめて本作りをさせていただいたときに

「せねばならない、なんて事は脚本にないよ」

と言われてずいぶん目から鱗が落ちましたぴかぴか(新しい)
いつも自分は「こういう物を私は書かねばならない」とずいぶん長いこと思っていたように思います。

劇団たいしゅう小説家の高橋プロデューサーには22で出会って、私の初めての外部脚本でお世話になり、切れ味鋭いかたで、つぼふみの東京の父の一人と勝手に一方的に慕っておるのですがw
最近ゆっくりお話する機会あって

「好かれようと思わなくて良いから、嫌われないようにする事」

って話をして、本当にそうだよなぁって。。

それは礼儀かもしれないし、挨拶かもしれない。
超基本的なことだと思うけどみんなから好かれることは難しい。
けど嫌われないように努力すること。
ずっと私は「自然体の自分」なんてのは大嫌いだったので変にテンション上げたり、上手いこと言おうとして辛辣になったり、そんなのもういいなぁって思いました。

もう2009年が終わるけど、「気負わない自分」でこれからいられるようにグッド(上向き矢印)

緊張しすぎると全力投球出来ないですからexclamation×2

ゆるゆるとブログやtwitterもやっていこうexclamation

なんか「暗ポップ」終わってから色々環境の変化があってずっと落ち込んでたんですが、起きたことを受け止めて、それに立ち向かうしか生きる方法ってない気がする。

なんか最近色々な人とじっくり話す機会があって、みんなそれぞれ色々あるけど元気で、それを見て私もなんか元気になりましたわーい(嬉しい顔)
てかもう東京出てきて八年。
長い付き合いの友人たち、先輩たちも増えてきて、それだけで幸せですなー

よしexclamationまずは感謝祭だexclamation×2

皆さんに楽しんでいただけますように。。
posted by つぼふみ at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。